FC2ブログ


徒然暇つぶし日記   

2013年02月の記事一覧

前のページへ |

2013年01月の記事一覧へ | 2013年03月の記事一覧へ

3DSドラクエ7プレイ日記(5)

[タグ未指定]
DSC_0084.jpgDSC_0085.jpg

現実世界のオルフィーに来てみました。
なんとまた町中動物だらけに!?と、思いましたが、どうやら動物のぬいぐるみを着た町人による祭りだったようです。実に呑気なことをやっていますね。

今日もオルフィーは平和です。



DSC_0086.jpgDSC_0087.jpg

温かい目で見守っているつもりでしたが、いつの間にか主人公たちも参加させられていました。しかも、なぜか全員という。町人に不人気で余ってしまったものだとしか思えません。

しかし、6匹の動物のうち女性が入っているのはどれかを当てるという心底どうでもいいゲームにて、モンスター図鑑を手に入れることができました。



DSC_0088.jpgDSC_0089.jpg

この島に来たついでということで、過去の世界にて2度目の封印を受けた例の魔物さんにも会いに行ってあげたのですが、それはそれは惨めな姿に成り下がっていたのでした。

過去の世界でのお詫びとして、ガボを元の姿(オオカミ)に戻すための魔法をかけてきたのですが、魔力が弱まっていたせいで、ガボは寧ろ人間により近付いてしまいました。その結果、ガボは人間の言葉をしゃべれるようになるどころか、マリベルキーファにも劣らないくらいの饒舌になってしまいました。
しかし、ガボはこうなったことに対して逆に喜んでいるご様子。そんなに喋りたかったんですか。






DSC_0090.jpgDSC_0091.jpg

さて、次の石板世界に行きます。
その世界では、からくり兵の襲撃を受けたフォーリッシュの町と、そこに兵を送るフォロッド城がありました。



DSC_0092.jpgDSC_0093.jpg

王と話すために、とりあえず傭兵になります。

いろいろと話を聞くと、からくりに詳しいゼボットならばからくり兵の襲撃をなんとかできるかもしれないということなので、協力を仰ぐため彼に会いに行くことに。しかし、何か事情があるのか、この案に兵士長トラッドはあまり乗り気でないようです。



DSC_0094.jpgDSC_0095.jpg

そういうわけで、城の西にある彼の小屋に来たのですが、いくら頼み込んでもゼボットは断固として協力してくれません。

そうこうしているうちにフォーリッシュの町がからくり兵に落とされてしまいました。フォロッド城にまで侵攻してくるのも時間の問題です。



DSC_0096.jpgDSC_0097.jpg

他に手がないため、トラッドゼボットをなんとか説得しようとします。

そこへ偶然、戦いでボロボロになった一体のからくり兵ゼボットの小屋の前に。好奇心旺盛なゼボットさんは、実物のからくり兵を目の前にして興味津々なご様子です。



DSC_0098.jpgDSC_0099.jpg

からくり兵の動きを妨害する音を発するようにそのからくり兵を改造して、フォロッド城にまで迫ってきたからくり兵の集団を鎮めます。

そして、からくり兵の拠点を潰しに行く作戦を立てます。



DSC_0100.jpgDSC_0104.jpg

からくり兵の拠点に来ました。
ゼボットの改造したからくり兵エリーからくり兵を止めている間に、主人公たちは親玉を叩きに行きます。

途中のひとくいばこには要注意。



DSC_0101.jpg

これが親玉のマシンマスターか。
からくり兵を何度も呼んできて面倒だったので、MPを惜しまず使ってマリベルイオを連発させていたら、拍子抜けの弱さであっさり勝利。

嫌な予感が・・・。



DSC_0102.jpgDSC_0103.jpg

こっちが真のボスだったようです。
マシンマスターであのような戦い方をしたせいで、MPは尽きかけています。まさに絶望的です。

頑張って粘っていましたが、ついにMPが切れてしまい、ガボアルスが死亡。
もう終わりかな・・・と半ば諦めかけていたところで、相手が諸刃斬り?の反動で自滅してくれました。

まあ、マシンマスターの小物臭を事前に感じ取ってMPを温存しておくべきでしたね。
でも仲間を呼ぶからって小物だとは限らないんですよ。 ミルドラースとかミルドラースとかミルドラースとか・・・。



DSC_0105.jpg

ということで、一件落着。
お礼としてどくがのナイフをいただきました。マリベルのような魔法キャラには、いばらのむちで中途半端なグループダメージを与えるよりも、何らかの状態異常にしてくれる方がありがたいですね。








今回はここまで。
何というか、まだまだ序盤中の序盤といった感じですね。ドラクエ6で言うとムドーを倒す前みたいな?戦闘に迫力が全くありません。

ダーマ神殿マダーーーーーー?
  1. 2013/02/17(日) 17:46:03|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

[タグ未指定]
『朝起きたと思ったらいつの間にか夕方になっていた。』

な…何を言ってるのかわからねーと思うが(ry



実際には、起きたのは朝ではなく昼過ぎでした。正確に言うと、15時過ぎでした。
それから、ボーっとした頭でテレビを眺めていたら、いつの間にか17時になっていたというわけです。





夜更かしして、翌日にアホみたいに遅く起きると、時間とか気力とか体力とか何もかも失うことになります。
睡眠というのは、どれだけ寝るかではなく、どの時間帯に寝るかが一番重要なのです。
皆さんも、春休み中だからと言って生活リズムを崩壊させることだけは絶対にやめるようにしましょう。
  1. 2013/02/18(月) 17:49:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3DSドラクエ7プレイ日記(6)

[タグ未指定]
DSC_0106.jpgDSC_0107.jpg
DSC_0108.jpgDSC_0109.jpg

現実世界のフォロッド王は、古のからくりの技術を利用して国民の生活を豊かにしようと、ゼボットの小屋で発見したエリーを城に持ち帰りました。ゼボットエリーの事情を理解している大臣アルマンが、エリーを解体しようとするフォロッド王を止めようとしますが、フォロッド王は国民のことを優先して考え、何か事情があることは察しつつもアルマンを鍵のない牢屋に一旦閉じ込めておきました。
しかし、物分かりの良いフォロッド王は、後にゼボットエリーの事情をちゃんと理解し、エリーゼボットの小屋の中でそっとしておいてあげることに決めたのでした。

フォロッド王が良い人すぎる。DQ7でも数少ないハッピーエンドな物語では?






DSC_0110.jpg

さて、次の世界へ向かいます。

DSC_0111.jpgDSC_0112.jpg

グリンフレークという大きなハーブ園のある町に来たのですが、ダイアラック同様、またしても町人全員が石像と化していました。いろいろと散策してみると、大きな屋敷の屋上に『灰色の雨』を降らしている元凶であるあめふらしを発見しました。その場でそいつと戦闘になりますが、見た目通り大した強さではなく、楽々と撃破。

そして今回は、町人たちはまだ石化して間もなかったため、『天使の涙』によって全員を助けることができました・・・かと思いきや、

DSC_0113.jpgDSC_0114.jpg
DSC_0115.jpgDSC_0116.jpg

一人だけ石化が解けても眠りから覚めない男性がいました。彼は、ある女性を庇って『灰色の雨』を直接浴びてしまったようです。しかし、それに関してはエンゴウパミラからもらってきた秘薬であっさり回復。どうやらこの町での一番の問題は石化の方ではなく、4人の若者の恋愛が絡んだ昼ドラチックな問題の方だったようです。

彼らの複雑な関係をまとめてみると、
     カヤ(女) → イワン(男) → リンダ(女) ←→ ペペ(男)

といった感じです。さらに、そこに
     『リンダイワンの父ボルックに多額の借金を抱えており、
     リンダイワンの嫁に来ることで借金はチャラにしてもらえる。』
という事情が重なっているというのです。そのため、ペペリンダと相思相愛であるにもかかわらず、なかなか手出しができないという状況になっています。これは到底一朝一夕に解決できる話ではありません。
そういうわけで、最終的には、どうすればいいのか分からなくなったペペが町を出て行ってしまったのでした。

・・・という何もかも未解決な状態でこの話は終了。モヤモヤ感しか残ってない。






DSC_0117.jpg

気持ちを切り替えて、町の北西にある沼地の洞窟に潜ってきました。

そこでは特に目立ったイベントもなく、石板を拾って、踊る宝石を含めたボスを倒して多めの金をもらって終わりです。このあたりでガボが「ひきさく」というグループ攻撃の特技を習得してくれて、戦闘においてキーファ並みに活躍してくれるようになりました。











最近は写真の枚数を減らす努力をしてるよ。
  1. 2013/02/19(火) 13:22:14|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

至福のひととき

[タグ未指定]
hidamari56.jpg

ひだまりスケッチの5,6巻を買ってきました。

アニメから入って原作に興味を持ち始め、12月だか1月だかに最新刊の7巻を購入。その次として今回買ったのが5,6巻です。
7巻→6巻→5巻 という風に時代を遡る読み方をしていますが、そのように読んでも全く問題ないのが日常系漫画の強みですね。なぜこんな読み方をしているのかと聞かれても、理由なんて特になくて答えようがないので聞かないでください。



それにしても、この2つは何度見ても表紙の出来が素晴らしすぎる。もちろん内容も素晴らしい。
ベッドにうつ伏せになって、アニソンを聞きながらひだまりスケッチを読むことに、この上ない幸せを感じます。
  1. 2013/02/20(水) 19:50:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3DSドラクエ7プレイ日記(7)

[タグ未指定]
DSC_0130.jpgDSC_0119.jpg

現実世界では、グリンフレークは綺麗さっぱりなくなっていました。一体何があったというのでしょうか。
代わりに、沼地の洞窟がなぜか沼地の宿屋に変わっていました。そこにいるじいさんと話してみると、その口から遂にあの名前が登場・・・。ストーリーが進んできたって感じです。






DSC_0120.jpg

次へ進みます。

DSC_0121.jpgDSC_0123.jpg

テントに住む民族の村ユバール

彼らは大地の精霊の復活が宿命付けられているらしく、大地の精霊の力が備わっているというライラがその復活の儀式での踊り娘として選ばれたようです。主人公たちが訪れたときには、ちょうど彼女への踊り娘の継承の儀を行っているところでした。ちなみに、大地の精霊の力が備わっているというのは、胸にあるアザから分かるものだそうです。

いつものように村人たちからいろいろと話を聞いているうちに、やがて踊り娘の継承の儀が終わり、晴れて踊り娘となったライラとのご対面。そして、その瞬間キーファは彼女に一目惚れ

そうして、踊り娘が決まったところで復活の儀式を行う祭壇に向かおうとしていたのですが、夜中の魔物の襲撃によりライラの父ダーツが怪我をしてしまいます。回復呪文をかけましたが、数日安静にしている必要があるとのこと。そこでキーファが、自分がライラダーツと共に残って遅れて祭壇まで向かうと言いだしました。ライラとの婚約者ジャンは当然の如くそれに反対します。しかし、村人を守る魔除けのトゥーラを弾けるのはジャンのみ。彼は大勢の村人から離れることはできないのです。そのため、このキーファの提案を泣く泣く受け入れざるを得ませんでした。

このあたりで俺はもうあれを察してしまいました。
キーファさん、もうちょっと残っていてくれてもいいんじゃないですか?そんな俺の願いも虚しく、キーファさんの思惑通りに事が進んでいってしまいます。

DSC_0124.jpgDSC_0125.jpg

そして、主人公たち一行は祭壇に到着。祭壇が水没していたので、洞窟の中で大地の鈴を設置してきて水を引き、それから、祭壇の階段の後ろにある隠し部屋から儀式に使う2つの神器も取ってきます。そうしているうちに、キーファたちも到着して、いつでも儀式が行える状態になりました。

しかし、言い伝えによると、神器の一つの『大地のトューラ』が光り輝くときこそが復活の儀式を行うときだ、とのこと。確実に儀式を成功させるためには、当然そのときが来るまで気長に待つべきです。そういうわけで、キーファライラの親密さに焦りを感じて今すぐにでも儀式を始めようとするジャンを、長老が説得して止めようとしたのですが、彼は聞く耳を全く持たず強引に儀式を始めてしまいました。・・・が、当然言い伝えに反したことを行っても何も起こりません。

早くライラと結ばれて自由になりたかったジャンはとうとう自暴自棄になり、自分にも胸のアザがあるという秘密を明かしてどこかへ行ってしまいました。何やら、胸にアザがある者同士では結婚してはいけないという決まりがあるそうです。2人は村の掟では結ばれてはいけない関係だったのです。

話を聞くと、どうやらライラジャンのことが好きだったというわけではないようで、彼は本当にかわいそうな立場にあったみたいですね。逃げ出したくなる気持ちは分からないでもないです。





DSC_0126.jpgDSC_0127.jpg

その後、キーファダーツとの決闘に勝利し、村の守り手になることになりました。

ちょっと何言ってるか分からないですよ、キーファさん。
律儀にも装備品と手紙まで置いていきました。

DSC_0128.jpgDSC_0129.jpg

何というか・・・自分勝手な気もしますが、ちょっとだけ格好良いと思ってしまった俺は異端なのでしょうか。この冒険も所詮興味本位で始めたものですし、このまま嫌々国王になるくらいなら自分にとって大切な人々のために命を捧げるって言ってるわけですよ?まあ、周りに迷惑かけてることに変わりはありませんけどね。










というわけで、ストーリーの動きが大きくなってきたよ。
  1. 2013/02/21(木) 22:51:24|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ENERGY中毒になりました

[タグ未指定]
ビビッドレッド・オペレーションOP「ENERGY」/earthmind
この曲が好きすぎて生きるのが辛い。先日walkmanに落としてきたんだけど、fullで聞いてさらに好きになってしまった。何というか、2番のサビ後の間奏が異様に短くて、全体的なノンストップ感がすごい。最初から最後までハイテンション。だけども、最後のサビではちゃんと1番2番よりも盛り上がってる。
本当に何もかもが完璧すぎる。もちろんビビッドのOP映像も含めて。冗談抜きで1日中聞いていても飽きない。中毒性があるのはキャラソンだけではないってことを思い知った。

ちなみに、ちょっと前の記事のタイトルを『今日だって最高の未来に変わってく』にしたんだけど、それ以来『今日だって最高の~』というワード検索でここを訪れる人がほぼ毎日いることから、この曲の人気度が窺える。今期アニメの中でも断トツのOPなのではないだろうか。まだfullで聞いたことがない人は、今すぐにCDでもmoraでもiTunesでもいいから購入してくるべき。






アニメ感想。



『さくら荘のペットな彼女』
今まで心配だったけど、このままなら綺麗に終わらせそう。


『たまこまーけっと』
チョイちゃんが予想以上に可愛かった。話も進んできたし面白い。


『ダ・カーポⅢ』
ToLoveる並みにエロかった。最後のルル姉の分身も笑って流せるくらいによかった。
でも話をちゃんと進めてほしい。メインメンバーはもう網羅したし、次からはちゃんと進むよね?


『ヤマノススメ』『まんがーる!』
短い分いろいろとクオリティが高い。新キャラが出ればもっと面白くなりそうだけど出るのかな?


『僕は友達が少ないNEXT』
テンポがいいなあ。
クラッカー鳴らす場面の間が素晴らしかった。
それと、やはり理科が頭一つ抜けて可愛い。


『ビビッドレッド・オペレーション』
あかねちゃんの笑い方がクセになる。
話もやっと進みそう。


『ささみさん@がんばらない』
今週は面白かった気がする。


『琴浦さん』
ラスボスと相見えることにならなくてよかった。
そしてまた最終回的終わり方。真鍋君イケメンすぎる。


『サイコパス』
話は面白いはずなのに作画がちょっと・・・。今まで作画がどうだとかあまり気になったことないのに、今回は気になって仕方なかった。
他のアニメの作画が良すぎるだけ?


『ロボティクス・ノーツ』
次回がすごいことになるらしい。楽しみ。


『新世界より』
バケネズミ怖い。
覚って死んだの?富子さんも死亡だろうし、じわじわ来るなあ。
まさに絶体絶命って感じ。続きが気になる。


『リトルバスターズ!』
はるかかなたの絡みが微笑ましい。


『ラブライブ!』
にこ先輩の扱いが面白い。にっこにっこにー♪にっこにっこにー♪






現時点での私的ランキング
1ラブライブ!
2琴浦さん
3ビビッドレッド・オペレーション
4たまこまーけっと
5僕は友達が少ないNEXT

見事に俺が途中から見始めたものが1位2位となった。やっぱり1話だけでいいからまずは見てみることが大切。
まあ本当に面白いものは自然といろいろなところで話題になって、いずれ見ることになるんだけど。例えば、まどマギなんかは見始めたのが最終回のちょっと前からだった気がする。マミったマミった言われてるから何のことなのか気になって見始めたんだと思う。
とにかく見たいものだけ見て、話題に上ってるものを追加で見ていけば一番アニメを楽しめる。


それと、最近内容よりもキャラとか声優で見るアニメを選ぶようになってきた。
どれだけ内容が良くてもキャラを好きにならない限りそのアニメを好きになることはないんだよね。

・・・って、これじゃあまるで典型的な萌え豚じゃないか!!・・・・・・否定できない。
  1. 2013/02/22(金) 20:58:59|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3DSドラクエ7プレイ日記(8)

[タグ未指定]
一晩徹夜して

全く昼寝をせずにいたら・・・

その晩は自然と早寝できるんじゃね?

実際に試してみた結果:無理
徹夜は簡単にできるんだけど、そのまま次の夜まで昼寝なしで耐えるというのが無理。

やっぱり地道に改善していくしかなさそうだ。
でも、俺には長期的な目標を見据えて頑張ることなんてできないよ。






ここからプレイ日記。


DSC_0131.jpg

ついに・・・

DSC_0132.jpgDSC_0133.jpg

ダーマ神殿キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
・・・と喜んでいたのも束の間、神殿内では何やらやばそうな匂いが漂っております。何となくこの後の展開は読めていたのですが、このまま職を得ずにニート冒険を続けるわけにもいかないので、素直に大神官様とやらに騙されることにします。

すると、力を奪われた後に、同じように騙された人々の集うさながら地上の牢獄のような町に飛ばされてしまいました。とりあえずそこにいる人々に話を聞いて回ります。

DSC_0134.jpgDSC_0135.jpg
DSC_0136.jpgDSC_0137.jpg

何やら西にある洞窟から神殿にも戻れるかもしれないということなので、盗賊のフーラルと共にその洞窟に向かうことになりました。そいつからごつごつした石という怪しげなアイテムをもらったのですが、実際には戦闘中にホイミのような効果を発揮する奇跡の石という超便利アイテムでした。力を奪われて『特技も、呪文も、ないんだよ』状態にされていたので、非常にありがたいプレゼントです。
というわけで、頼もしいかどうかは分からないが、居ないよりはましな仲間1人を加えていざ洞窟へ。

洞窟を進んでいくと、途中でボスらしき魔物2体を発見。最低限の準備をして近づこうとすると、フーラルが何か策があるとほざきだします。とりあえずそれに従ってみたのですが・・・なんとやつは主人公たちを囮にして1人で奥に進んで行きやがりました。
そして、イノップゴンズにボコられて主人公たちは呆気なく死亡。

町に戻されました。
表に出てみると、魔物がここから脱出するための方法を人々に提示してきます。それは、人の魂から作る魂の剣を使って5つの魂を砕け、というものでした。町で一番強いリーダーがそれを拒否ったのですが、結局ある一人の戦士が誘惑に負け、5つの魂を砕くことに成功してしまいました。

DSC_0138.jpgDSC_0139.jpg
DSC_0140.jpgDSC_0141.jpg
DSC_0142.jpgDSC_0143.jpg

これ以上被害を広げるわけにもいかないので、真の大神官を助けるため再び西の洞窟に向かいます。さっきイノップゴンズのいた場所には何もおらず、奥でフォズ大神官を発見。そこで、再びイノップゴンズと戦うことになりますが、フォズの力でそいつらをパワーダウンさせてくれたおかげで無事倒すことができました。

そして、洞窟の別ルートを通ってマンイーターというボスを撃破し、その先で特技と呪文を取り返します。

そのさらに先に進んでついに脱出・・・かと思いきや、そこには闘技場がありました。魂の剣で5つの魂を砕けた者はすぐに脱出できるというわけではなく、この闘技場での決闘に5連勝することでようやく脱出できるみたいです。当然主人公たちはその決闘に出場し、かろうじて5連勝して脱出させてもらえることに。それを切っ掛けに、人々が一斉に魔物たちに立ち向かい始めました。
そうしているうちに主人公たちは奥に進んで神殿に到着。偽大神官アントリアを倒しに行きます。ベギラマなど技が強力でしたが何とか勝利。





DSC_0144.jpg

こうして主人公たちは無事職を得ることができました。

素早さの低いアルスを戦士、肉弾戦に向かず自力で魔法を覚えるマリベルを魔法使い、素早さの早いガボを武闘家にしてみました。何の面白みもないチョイスですが、俺は1周目には無難にいくタイプなんです。







ここまで。
ザジとネリスを登場させなくても成り立っちゃったよ。
  1. 2013/02/23(土) 20:44:17|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つまんねー事書くなよ!

[タグ未指定]
achjoshiraku.jpg

何となくAチャンネル1巻とじょしらく2巻を買ってきた。

Aチャンネルは、ひだまりの付録のために買ったきららキャラットを適当に読み流してると、絵が俺の好みだったから目に止まって、ちゃんと読んでみると内容も面白かったから買ってみた。

じょしらくは、アニメが面白かったのと、絶望先生も好きだから。なぜ1巻を飛ばして2巻なのかについては、特に理由はなし。決して『弐』という字が読めなかったわけではない。






そういえば、最近ビビパンのあかねちゃんとじょしらくのマリーさんの声が一緒だということを知った。

中の人はあやねること佐倉綾音。この人のことはよく知らないのでちょっと調べてみたのだが、あかねちゃんの笑い方が狂ってると思ったら、どうやらこの人自体もいろいろと狂っているらしい。
アンサイクロペディアによると、『当初は、アイムもいわゆるアイドル声優として育てようとした。が徐々に、重度の百合属性でやや変態で女好きという、アイドル声優からは明らかに逸脱した本性があらわになるにつれて、アイムも「こりゃあ芸人声優として育成転換だわorz」と方針転換をし、現在に至る。』とのこと。
試しにビビパンのラジオを聞いてみたら、確かに狂ってた。加えて、あおいちゃんとわかばの中の人も同様にぶっ飛んでた。というか、あの番組自体がいろいろと酷かった。ラジオってあんなに面白いものだったのか・・・。



そもそもあやねるって今までほとんど見たことなかったよなあと思ったら、どうやら俺と同い年らしい。しかも、生年月日がたったの8日違い。これは応援せざるを得ない!!

・・・なんか最近オタク度が日に日に高まってきてる気がする。今まで声優本人にはあまり興味持たなかったんだけどなあ。
  1. 2013/02/24(日) 20:32:05|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛と勇気だけが(ry

[タグ未指定]
今日実家に帰って来たった。
アンパンマン列車に揺られて帰って来たったった。
まあ最近実家が県外に引っ越したので、ここは俺の生まれ育った地ではないんだけどね。

実家での生活は、一人暮らしに比べて食事面での大幅な強化が見込めるので、これからの約1か月間で失われた健康と生活リズムを取り戻してこようと思っています。

正直健康ならまだしも生活リズムを取り戻す自信はないのですが、それでも頑張ってこようと思います。
  1. 2013/02/25(月) 16:53:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ゆるゆり』1巻

[タグ未指定]
~1巻のあらすじ~

yuruyuri8.jpg

容姿が愛と正義の魔女っ娘ミラクるんに激似である腹黒淫乱ピンクチーナの登場によって、

yuruyuri2.jpg

すっかり影が薄くなってしまった主人公赤座あかりちゃんが、

yuruyuri9.jpg
yuruyuri4.jpg

\アッカリ~ン/という効果音と共に透明化する大技(コントロール不可)を会得し、

yuruyuri1.jpg
yuruyuri7.jpg

主人公であるにもかかわらず、明らかに他のキャラよりも酷い扱いを受けるようになり、

yuruyuri6.jpg

結果このようになるというお話です。



つまりひまさくが最強だということです。
異論は認めない。
  1. 2013/02/26(火) 16:40:52|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3DSドラクエ7プレイ日記(9) メラミでポン!

[タグ未指定]
寝る直前までPCとか携帯を弄ったり、テレビを見てたりすると寝付きが悪くなってしまうらしいけど、それならば布団に入るまでの間には何をしていればいいの?
瞑想でもしてればいいの?
 おれは
 しずかに めいそうを はじめた……。
 なんと おれの キズが
 みるみる ふさがっていく!








DQ7プレイ日記。

DSC_0145.jpg

現代のダーマ神殿の近くで山賊に襲われました。

DSC_0146.jpgDSC_0147.jpg
DSC_0148.jpgDSC_0149.jpg

魔法使いマリベル様のメラミで4人とも焼き払って差し上げました。

DSC_0150.jpgDSC_0151.jpg

山賊のアジトに乗り込んで山賊の頭も討ちとってきました。
戦闘後、お約束のBボタン連打をしてやりましたが、話が進まないので仕方なく「はい」を選択。
こいつが愛らしい姿なのは否めないし、素直に石板もくれてなかなか良いやつだったので許してあげることにしました。

 お わ り
  1. 2013/02/27(水) 14:21:43|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のアニメとか声優とかの話

[タグ未指定]
2/27 『田村ゆかりさん37歳17歳(と7305日)の誕生日を迎える!』
や、やっと17歳かー。
お誕生日おめでとうございます。



2/26 『声優の門脇舞以さんが入籍!』
おめでとうございます。
声優さんの結婚って素直に祝福できますね。


・・・で、この人誰でしたっけ?って思って調べてみたら、ストパンのサーニャ役の人だそうです。
俺は自分自身無口なくせに無口キャラがあまり好きではないのですが、サーニャちゃんは大好きです。よく寝る子は可愛いですねー。
というか、エイラ×サーニャが好きです。サーニャに向けたエイラの「キョウダケダカンナー」をずっと聞いていたいです。百合は素晴らしいですねー。

ちなみに、エイラの誕生日が2/21だったらしいですが、俺はアニメキャラの誕生日なんて瀬戸燦ちゃんの3/3しか知りません。





気が早いかもしれないけど、2013年春アニメの話でも。

「来期豊作じゃね?」という書き込みを見たので、そのラインナップを確認してみたのですが、俺の反応は「ん?豊作?」といった感じでした。
どうやらロボアニメが多いらしく、ロボ好きにとっては豊作らしいです。逆に、ロボアニメと言えば『ぼくらの』と『ロボティクスノーツ』しか見ていない俺みたいな人にとっては豊作ではないということなのでしょうか。
今期は雰囲気的に2クールのものがほとんどなさそうなので、来期が不作だと個人的に困ります。


まあ待ちに待ったニャル子さん2期があるのが唯一の救いですね。1期の人気の影響で相当ハードルは高いと思いますが期待してます。

超電磁砲の2期もあるみたいです。俺はfripsideの曲を聴いてるだけで1期を見てないのですが、これを機に見てみようかなと。
俺妹も1期見てないけど、2期が始まるとなると気になってしまいます。

ほかの作品については・・・軒並み知らない作品ばかりで何に手を付ければいいのか分からないです。
こういうときこそ声優で決めるべきなのでしょうか。
最終手段として、過去の作品を漁って夏アニメまでのつなぎとすることも考えています。
  1. 2013/02/28(木) 19:53:13|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

Author:まし

Twitter

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

タグ

ゲーム アイドルマスター アニメ ニコニコ動画 ポケモン 切り絵 漫画 

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クラリス ジェネリック