FC2ブログ


徒然暇つぶし日記   

二週間ぶり

[タグ] アニメ
の更新です。
この二週間何をやっていたのかというと、まあこれまでと変わらず今期のアニメを毎週欠かさず見つつただただゲームに勤しんでいました。それだけ暇していたにもかかわらずブログを全然更新しなかったのは、前にも書いたとおり、いまいち更新意欲が湧いて来ず面倒臭さの方が勝っていたからなのですが、その間に書くネタが結構溜まってきて急に更新したくなってきたので久々にいろいろと書いていこうと思います。

今期アニメについてはまた別の記事で書くとして、その他に見たアニメについての軽い感想を。



<アニメ>
「新世紀エヴァンゲリオン」
なんというか、率直な感想を述べるととにかく意味不明だった。初号機が使途を捕食する辺りまでは純粋に面白いと思えたけど、それ以降は正直見ていて退屈で仕方なかった。考察のし甲斐があるあの終わり方だったからこそ、国民的アニメと呼ばれるほど幅広い層に愛される作品になり得たのだろうが、悪く言えば投げやりな終わり方だったことは否めない。そのため、この作品がなぜこんなに人気があるのかと疑問に思う人も多いんじゃないかと思う。現に俺もその一人である。
ただ、俺は最近アニメに対して癒しばかり求めているせいで、頭を空にしてぼんやり眺める視聴の仕方に慣れてしまった。そのせいで、内容が全然頭に入って来なくて作品の魅力に気付けなかっただけなのかもしれない。「エヴァンゲリオン」について考察しているサイトなんかは探せばいくらでもあると思うので、それらを巡った後に改めて視聴してみると、また違うものが見えるのだろうか。もしそうならば、このまま「エヴァンゲリオン」『途中までは面白かったけど最後の方が意味不明だったパッとしない作品』で終わらせるのはもったいないような気がする。そんなわけで、また数年後、時間を空けてからまた視聴し直そうと思う。


「バカとテストと召喚獣」
もともと原作が好きで読んでいて、それだけで満足していたからアニメには特に興味がなかったけど、アニメの方も割りと評判がよく面白いらしいというので見てみた。
まず、見始めて最初に思ったのは、キャラの声がみんなイメージ通りだったということ。これは漫画やラノベが原作のアニメにとって非常に重要な点であり、もしもイメージにそぐわないキャスティングだった場合は原作ファンに叩かれる大きな要因となってしまう。それをクリアした時点で、このアニメは良作の予感がした。
次に、シャフト風の演出。調べてみたら案の定シャフト関係の人が監督だった。監督は大沼心さん、俺の好きな作品で言うと「ef」「ココロコネクト」「私モテ」「のうりん」、今期で言えば「六畳間の侵略者」の監督をやっている。シャフトの演出はちょっと過剰すぎると叩かれているのをよく見るが、まさにアニメならではの表現という感じがして俺は嫌いじゃない。髪の毛やリボンをぴょんぴょんさせる演出ほんと可愛くて好き。
世間では1期の方が評判が良く、2期で失速したとされているが、実際にはオリジナル展開多めどころかほとんどオリジナルだった1期は原作未読組に、原作準拠だった2期は原作既読組にうけたといった感じである。俺はどちらかと言えば2期の方が好きだが、まあどっちも好きと言えば好き。



記事数を稼ぐため思ってたより長くなりそうなので一旦ここで切ります。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2014/09/10(水) 15:07:31|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏休み残り10日くらい | ホーム | 届け世界に夢のファンファーレ♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://himatsubushi1994.blog.fc2.com/tb.php/646-206a3cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:まし

Twitter

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

タグ

ゲーム アイドルマスター アニメ ニコニコ動画 ポケモン 切り絵 漫画 

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クラリス ジェネリック